第7回ひよこ 質問コーナー

b0224052_901835.jpg


第7回 ひよこライダーズカップに関する質問にたいして回答させていただきます。


Q11、ストライダープロは軽いから有利になる。車両規定はどうなるの?
A11、今回はランニングバイクであれば参加OKとします。確かにストライダープロは軽いのですが、ノーマルタイヤを履いたストライダープロと、マッハビットを履いたノーマルストライダーを比較すると優劣の差はわからなくなります。そんなわけでノーマル、カスタム問わずにエントリーOKとしますが、くれぐれも親がしっかりメンテナンスをしてください。
ひよこライダーズカップがガツガツと表彰台を目指す大会ではありません。表彰台を目指す意気込みは大事ですが、それを「内なる闘志」として大会に臨んでいただくことを切に願います。


Q10、駅伝のクラス分けについて
A10、駅伝は年齢によるクラス分けをしません。箱根駅伝もひとつのチームに1年生から4年生が混在するように、ひよこ駅伝も年齢によってクラスを分けることはしません。小規模なチームの場合は全員が年少さんだったりとチーム内の年齢構成がばらばらですので、参加することに意義があるという認識から、年令別に表彰はしませんのでご了承願います。そのかわりにひよこ駅伝は定例化を狙っていますので、全員が年少さんの場合、二年後には全員が年長さん&経験者となりきっと有利なレース展開を出来るはずです。


Q9、併走方法に関して
A9、ジョギング、自転車、キックバイク、1輪車等公園内を走行可能なものであれば手段を問いません。途中でお子様がコースアウトしたり、ふらふらっと売店に立ち寄ったりしない様、しっかりついていける移動手段であればなんでもOKです。


Q8、タイム計測について
A8、マラソンについてはスタート地点からゴール地点までのタイムを計測
駅伝についてはタスキを受取り走り始めた時点から、タスキを渡すために停止した時間を計測します。


Q7、優勝賞品に関して
A7、各クラスの男女別優勝者はメダルの他に、副賞としましてマイヨジョーヌならぬラッシュガードが贈呈されます。
ストライダーの大会は夏でも長袖、長ズボンが必要となりますが、そんなときに生地が薄くて丈夫な長袖のラッシュガードが重宝します。ducksday社のラッシュガードは、ややルーズフィットなので、それまでの水着の様な感覚ではなく普段着としても着用可能なので、今後のレースウエアとしても着用可能でしょう。
なお、サイズ展開の関係上、プレクラスは半袖のワンピースとなります。
b0224052_10205659.jpg

プレ用イメージ

b0224052_10214998.jpg

ラッシュガードイメージ


Q6、駅伝の選手はマラソン(個人)と両方走らなければならないのでしょうか?
A6、選手が走るのは一度だけです。駅伝の場合は区間タイムを個人の成績としますので、実際に走っていただくのは一度限りとなります。駅伝もマラソンも同じコースを走ります。


Q5、タスキに関して大会側で作っていただけるのでしょうか。
A5、お子様の体格に応じてサイズが異なってきますので、お手数ですが各チームにてご用意いただけると助かります。


Q4、暖房施設はありますか?
A4、公園ですので暖房施設はございませんが、隣接するBBQエリアに炭火コンロを用意する予定です。


Q3、スタートは一斉スタートになりますか?
A3、混雑を避けるためにスタートは一度に5名まで、2分間隔で何組かにわけてのスタートとなりますが駅伝に関しては全組同時スタートとなります。
b0224052_865812.png



Q2、個人参加ですが仲間を誘って駅伝に出場できますか?
A2、エントリーした後から駅伝チームを組んでいただくことも可能です。


Q1、表彰者はなにをもらえますか?
A1、個人競技の表彰者にはメダル、駅伝の表彰チームにはトロフィーが贈呈されます。
[PR]
by striderkids | 2014-02-20 07:54 | ご案内

日本最古のランニングバイク草レース「ひよこライダーズカップ」の公式ブログです。速さよりも家族で楽しむことを優先しております。レースビギナー大歓迎!最近は自転車レースも始めてみました。


by striderkids